ピーター・ティールはリーンスタートアップに懐疑的。発言まとめ

Y Combinatorの「How to Start a Startup」というYouTubeに上がっている、スタンフォード大学で行われたスタートアップ講義動画でピーター・ティールが出ていて(ここからゼロ・トゥ・ワンの本が生まれた)、彼の講義最後の質問タイムが面白かったのでまとめます。

 講義動画URLはこちら

youtu.be

 

---引用開始---

 

リーンスタートアップについて、Feedbackループを繰り返してリスクを減らして改善していくやり方についてどう思うか?

 

 

I'm personally quite skeptical of all the lean startup methodology.

私は、リーンスタートアップの手法の全てに対して、個人的にはかなり懐疑的です。

 

 I think the really great companies did something that was somewhat more of a quantum improvement that really differentiated them from everybody else.

偉大な企業というのは、他の全ての企業とは全く違う飛躍的な改善を行ったものだと思っています。

 

They typically did not do massive customer surveys, the people who ran these companies sometimes, not always, suffered from mild forms of Aspergers, so they were not actually that influenced, not that easily deterred, by what other people told them to do.

彼らは典型的に、顧客調査を行わずに、経営していることもしばしばで、全てではないが、軽度のアスペルガーに苦しんでいる人も多かった。

だから彼らは何かに影響されたというのは実際なかったのではないか。誰かにこうしろと言われたからといっても、そう簡単には。

 

I do think we're way too focused on iteration as a modality and not enough on trying to have a virtual ESP link with the public and figuring it out ourselves.

私達はモダリティとしての反復(イテレーション)に集中しすぎたと強く思っています。

(ESPが何を指すのか分からないので翻訳無視しているが、おそらくスタートアップピッチイベントのようなものっぽい。ESPで公の場に出て、聴衆の反応をみるなんておかしい、と言っているっぽい。たぶん。)

 

I would say the risk question is always a very tricky one, because it's often the case that you don't have enough time to really mitigate risk.

リスクの質問というのは、とても難しい。だって、リスクを軽減するのに十分な時間なんて無いのが普通でしょう。

 

If you're going to take enough time to figure out what people want, you often will have missed the boat by then.

もし顧客が何を欲しがっているのか知りたくて、そのために多くの時間が取っていたら、それが分かる時にはそのボート(つまり顧客が何を欲しがっているのか)を逃してしまうでしょう。

 

And then of course there is always the risk of doing something that's not that significant or meaningful.

もちろん、重要だったり意味のあるものではない事を行ってしまうリスクは常にありますよ。

 

You could say that a track in law school is a low risk track from one perspective, but it may still be a very high risk track in the sense that maybe you have a high risk of not doing something meaningful with your life.

ロースクールに行くことはリスクが低い、と考える人もいるでしょう。

でも、あなたの人生に意味のあることが出来ないことがリスクだと考えれば、ロースクールに行くことはとてもリスクの高いことなのかもしれません。

 

We have to think about risk in these very complicated ways. I think risk is this complicated concept.

リスクというのがとても複雑な意味がからみあっていることを考えなければいけません。私はリスクは複雑な概念だと思っています。

 

---引用終わり---

 

要するに、ピーター・ティール的には

  • 客にインタビューして改善して、なんてやってたら時間なくなるでしょ。
  • 偉大な企業作った人には軽度のアスペルガーっぽい人が多い。そんな人は他人の話は聞かないし、こうしろと言われても無視する。そういう会社が成功しているのだ
  • リスクを減らすことは大切だが、そんなことをしている時間がない、という矛盾がある。だから明確な回答も難しい。

といった感じのようだ。

 

難しいところで、たしかにピーター・ティールの言っていることもわかります。そんな時間あるのかなみたいな。

事業内容にもよるし、創業者にもよるところがありそうなので、やはり答えはない。

 

スタートアップを作るためのバイブルのように神格化されている一面も感じる。

これに関して、とても面白い記事も見つけたので、ぜひ見てみていただきたい。2年前にバズった記事のよう。「ゼロ・トゥ・ワン」でリーンスタートアップへの反論が詳しく書かれているようなので、私も再読したい。

fromdusktildawn.hatenablog.com

 

Google広告のキーワードプランナーが動かない・止まる原因は、そのワードに〇〇が含まれているから

Google広告(旧アドワーズ)のキーワードプランナー、とても便利ですよね。

しかし、たまに動かなくなることがあります。

 

Google者に連絡しても「なんでですかね~」みたいな感じになることもあったりするので、とても不思議なのですが、自分なりに症状をまとめてみました。

といっても、キーワードプランナーが動かなくなる原因は、だいたい1つです。

 

それは、

・キーワードに記号が含まれている

ことです。

 

他にも、キーワードに公序良俗に反するような言葉が入っていたりすると使えません。

 

キーワードプランナーを使うときは、おそらくほとんどの人は1000ワードとかを入れてチェックしますよね。

その際に、ワードそれぞれを見ていられないので気づきにくいのですが、記号が入っていると使えなかったりします。

たとえば、

( )

【】

,

.

!

などです。

 

たまにアラート出してくれるんですけど、たまに出してくれないのですよね。

(これ昔からです。ご対応お願いします。Google広告の方々。。。)

 

アラートが出ると、こんなかんじ。

次のような特殊文字が含まれています: \!@%,*{}<>

つまり、記号は基本ダメ、ということですね。でも、コレ以外の全角記号も基本ダメみたいですね。【】←とか。

 

それでも直らない場合

それでも直らない場合は、

・キャッシュ/Cookieを削除する

といいのだそうです。これはGoogleの方が言っていました。

試してみるとよいでしょう。

【備忘録】WordPress開設時にSEOのためにやっておきたい設定

サイト名

meta description

URL設定

ユーザー名変更

パーマリンク

更新情報サービスに以下を記入(一応。)

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://xping.pubsub.com/ping/
http://www.blogpeople.net/ping/

 

以下のプラグインをインストール

  • Yoast
  • All in One Security
  • Contact Form 7
  • TOC+ Table of Contents plus
  • Table Press
  • WP Fastest cache
  • WP Super Minify
  • (TinyMCE Advanced)
  • (Duplicate Post)
  • (Search Regex)

All in One Security設定は以下を参考に。

help.sakura.ad.jp

 

留学中に「うつ病」状態になってしまう理由と、対処法を紹介

f:id:abeshun:20180807130947j:plain 留学して語学を身につけたい、海外の文化を学びたいという人も多いのではないでしょうか。しかしながら、現地での慣れない生活習慣や気候変化、人間関係のストレスなどからうつ病に見舞われてしまうという人も多くいます。

万一、留学先でうつ病になってしまった場合には、決して無理することなく、学校を休むなどの対処法をとることも大切です。その詳細について見てみましょう。

 

留学先で「何もやる気が出ない」「帰りたい」と思ってしまいがち

留学といえば、多くの人が一度は体験してみたいと思うのではないでしょうか。若い世代の特権ともいえるかもしれません。しかしながら、夢と希望にあふれる思いを胸に現地に赴くものの、慣れない環境になじめずに悩んでしまうという人も多くいるのも現状です。

何をするにもやる気が出ない

早く日本に帰りたい

こんなふうに思ってしまう人も少なくありません。

でもなぜ、そこまでの症状になってしまうのかと疑問を持つ人も多いはずです。

やはり、留学というのは、想像以上に大きな負担がかかることになるのです。

留学前にも何度も海外旅行の経験があるという人もいるかもしれませんが、留学といえば、長きにわたって慣れない異国の地での生活をすることになります。

住環境はもとより、言葉や生活習慣、気候変化などと、様々な変化に対応することが求められます。

おまけに留学をするのは、大多数が10代20代の若者のため、人生経験も少ないという点も、このような症状に陥りやすい理由の一つです。

 

軽いうつ病状態になってしまう理由とは

留学で日本人の多くが見舞われることになるうつ病についての原因はどのような点にあるのでしょうか。

やはり、理由の中でも大きなものとして挙げられるのは、人間関係によるストレスです。

留学先では日本の常識は通用しないということは頭ではわかっていても、なかなか理解することは難しいことといえるのかもしれません。クラスメイトやホームステイ先での人間関係でつまずいてしまうというケースも多いのです。

とりわけ、シェアハウス仲間との関係がギクシャクしてしまうことになれば、その後の生活にも大きな影響が生じることになりかねませんので、速やかに解決した方が良いといえます。

また、留学先での恋愛関係のつまずきにより、うつ病を発症してしまうという人も多くいます。

恋愛に対する考え方も日本の常識をそのまま留学先であてはめて考えるのは、無理があるのかもしれません。恋愛関係もさることながら、ホームシックに陥ってしまったことがうつ病への引き金になるということも十分に考えられます。

留学してから数か月が経ち、丁度現地での生活に慣れ始める頃にホームシックに襲われるという日本人留学生も多いようです。ご両親をはじめとした家族や友達、幼なじみやお世話になった先生などに会えない寂しさからうつ病になってしまうという人も多くいるのです。

日本にいれば直ぐに相談することができる相手がいるのに対して、留学先ではそのような存在を見つけることは大変なことといえるでしょう。

 

何とか生活を送るためにとってほしい対処法

留学先でうつ病に見舞われてしまった際の対処法としては、速やかに心理カウンセラーや臨床心理士などの専門家に相談することが挙げられます。

比較的心のケアなどに対する機関や施設が整っている国があるのも確かです。(アメリカでは精神療法のようなものは一般的です。)

留学先を決める時に色々とお世話になった留学エージェントの担当カウンセラーに相談してみるのも一つの方法です。

その他にも日本にいる親御さんに正直に打ち明けてみるのも良い方法ではないでしょうか。最も頼りになる人に話すことで気分が楽になるかもしれません。

また、うつ病の症状が酷い時などには決して無理をすることなく、学校を休むことなども選択肢に入れる必要があります。場合によっては、日本に一時帰国してリフレッシュするなども対処法の一つといえます。

どうしてもお悩みの場合は、当サイト運営元に連絡いただいても構いません。無理をせずに生活することを意識してみて下さい。

これは辛い!なんとか避けたい留学の悲しい現実7選・・・。

f:id:abeshun:20180807130947j:plain 今週のお題「わたしのインターネット歴」

未来を見据えて語学力を養おうと、海外への留学を検討している方も多いのではないでしょうか。

本場での生活の中に身を置く事で語学習得の効率化や学習意欲の向上、現地文化の理解など様々なメリットが期待できます。

しかし、メリットばかりに目が行ってしまいがちですが実際は良い事ばかりとは限りません。期待してハードルを上げたばっかりに、いざ現地に着いてがっかりしてしまう事も少なくないのです。

今回は留学への心構えとして「留学にありがちな現実とのギャップ」をご紹介します。参考にしてみてください。

 

「期待に胸を膨らませたが、留学先では散々な目に」というのはよくあります

自分のやりたい事の為、就職の為、人生経験の為など海外留学の動機は人それぞれ、一抹の不安を胸に秘めながらも新天地での生活に期待を抱いている事でしょう。しかし、高望みをしてハードルを上げる事はあまりオススメ出来ません。留学は楽しい事や新鮮な光景も多いですが、反面理想と現実のギャップが激しい事でも知られているのです。それは単純な事ではなく国による文化の違いや世界情勢、国内事情の移り変わりなどに影響を受ける所も大きいと言えます。

 

食事が合わない

日本は世界の中でも「食事がおいしい国」として知られており、実際来日する外国人の目的の上位には常にと言って良い程「食事」がランクインされています。

もちろん現地にはおいしい郷土料理もあるかもしれませんが、海外の料理は基本的に日本食のような素材を活かした繊細な味付けのものは少なく、特に肉料理に関しては「火を通してソースかける」といった大味なものが大部分を占めています。

頭では分かっていても食事は生活の根幹、口に合わないものが長く続くと気持ちも滅入ってしまうでしょう。日本から調味料や即席食品を持ち込んで対策する人も多いので、真似して見ると良いかも知れません。

 

トイレが不衛生

日本は水洗トイレの普及率が非常に高く、衛生面への配慮もかなり意識の高い国です。

日本の生活に慣れている身からすると、海外のトイレは大分不衛生に感じる所が多いでしょう。

単純に手入れが行き届いておらず汚れたままにされているケースも多いですが、中には便座が無いものや手を洗う場所がないなんて事もあります。

海外では「トイレは汚くて当たり前の場所」という認識の国も多く、ステイ先の家ですらトイレが不衛生なのも珍しい事ではないと言えます。日ごろから簡単な除菌・清掃道具を持ち歩いておくと少し心強いでしょう。

 

治安が悪くて怖い

海外と言って先ず気になるのは「治安」という声も少なくありません。命有っての物種ですから当然の心配事です。

とはいえ、現実として一人の留学生の力でその国の治安が改善できるはずも無く、こればかりは自分の防犯対策に頼らざるを得ないでしょう。

幸い日本では外務省の公式HPで世界各国の犯罪統計データを基に作成された安全情報マップが公開されていますので、留学を検討する段階や出発前にしっかり確認しておくようにしましょう。

留学先の地域がデータ上は安全区域になっていたとしても、夜中に一人で出歩く事は危険ですので避けた方が無難です。

 

日本人ばかり

意外と見落としがちですが、日本からの留学生が自分一人という事はまずありえないでしょう。むしろ、日本人が多いことのほうが普通だったりします。特に人気の国(アメリカ・カナダetc)では日本人だらけの学校もあります。

他の言語圏からの留学生も居るとは思いますが、日本は世界的にも裕福な方で留学生は多いです。

教室内のクラスメイトの殆どが日本人なんて事も珍しくありません。自国の仲間が居ることは大変心強い事ですが、語学を習得する目的で留学している以上は出来るだけその言葉で日常生活を過ごしたいでしょう。

学校選びの際に日本人が少ない場所を選ぶ、日本人の友達とも普段から母国語以外で会話をしてみるなどして意識的に習得したい語学を使う機会を増やすと良いのではないでしょうか。

 

ホストファミリーが冷たい

留学先のホームステイと言えば、ドラマや映画に出てくる様な温かいホストファミリーとの和やかな生活を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。もちろん好意的なホストファミリーの方々も居ますが、現実はそうではない事も多いです。

ホストファミリーは留学生を受け入れる事で収入を得る事が出来ますが、リーマンショック以降この収入に生計を依存している家族が増加傾向にあります。

いわば「お仕事」のようなスタンスで家の一室を貸しているイメージです。

それだけでホストファミリーが冷たいという事にはなりませんが、向こうにも向こうの家庭事情というものがあり生活にあまり余裕が無い場合にはあまりかまってもらえず、時には冷たくあしらわれてしまう事もあるかも知れません。

ホストファミリーも人間。ある程度は割り切って接する事も時には必要です。

 

学校のレベルが低い

海外の大学・大学院は比較的現地人の学費が安い、中には学費が必要ない学校すら存在します。

しかし留学生となるとそうもいかず、現地の学生に比べて少し割高な学費が必要となる場合が多いです。

近年、この「留学生からの学費」を肥やしにしている学校も増えており、お金さえ払えば入れてしまうような現実が広がっています。

学習意欲の低い学生が増えてしまえばそれに伴って学校のレベルが下がってしまう事は想像に難くないでしょう。自分に見合った、自分の望むレベルの留学先を確保するにはまず自国の勉強で結果を出してしっかりした受け入れ先を選ぶ事が大切です。

 

途中で金欠になり何も出来なくなる

留学先では、多くの人がハメを外してしまいます。もちろん楽しむのは良いことですし、それが目的のひとつである場合も多いでしょう。ただ、見知らぬ国では、売り物の全てが新鮮に魅力的に見えます。

「あれも欲しい、これも欲しい」と思い、ついつい浪費してしまいがちです。それが原因で途中から金欠になり、最後の1週間は食費しか使えない、なんて状況に陥ってしまう人は多いです。。。

留学のための貯金のコツを公開!まずはいくら貯めるか計算しよう!

f:id:abeshun:20180807130947j:plain 留学に必要なまとまった資金を自力で準備するためには、コツコツと貯金することが大切です。

ただ、コツコツ貯金はとても難しいものです。地道な努力が伴い、ともすれば途中で断念してしまうリスクがあるため、誰でも無理なく続けていける方策を持つことが必要です。

そこで、この記事ではどのようにお金を貯めていけば良いのか、気軽にできる貯金のコツを詳しく紹介していきます。

 

貯金においていちばん大切なのは「目標」です

貯金においては適切な目標設定をすることが最も大切です。

「○月までに、●●円を貯める!」

といった目標です。いつのタイミングで留学をしたいか、1年後なのか5年以上先なのかで準備期間が異なります。どこに、どれぐらいの期間留学したいかによっても留学費用が大きく変わります。

また、留学費用には、入学金や教材費などの学校に関係する費用だけでなく、渡航費やビザ取得諸費用、海外留学生保険など現地で生活するための費用が多くかかります。

現地でアルバイトができる場合は費用を少なく見込むこともできますが、余裕のある留学生活を送るために目標資金を高めに設定するのが無難です。

 

定番は「リゾートバイト」「海外インターン」「英語が必要なアルバイト」

リゾートバイト

リゾバ」とも略されるリゾートバイトとは、沖縄や北海道などいわゆるリゾートと呼ばれる地域の観光施設や商業施設で働くことを言います。無理なく楽しく貯金するための定番の一つです。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの数日間から、2シーズンをまたいだ半年間以上まで募集案件によって期間が異なります。

一般的なアルバイトと異なる点は、住み込み生活が基本で食事や住居など生活費の心配がいらないことであり、給料がそのまま貯金に充てられることが魅力です。また、そこでできた友人とはかなり親密な仲になれるので、楽しみ目的でリゾートバイトをする人も多いです。

 

海外インターン

また、海外インターンシップも定番の一つに挙げられます。最短で2週間程度から、各国のビザ規定に応じて1年半程度の長期案件まで大企業を中心に多くの募集が出ており、一部の例外を除き毎月報酬が支払われます。

インターシップのポジションにはツアーコンダクターやホテルフロントなど、高い英語力を求められる場合もありますが、募集内容によっては英語力がなくても参加が可能な案件も存在します。

 

英語が必要なアルバイト

その他にも、留学に備えるための準備として、英語が必要なアルバイトを選択するという方法もあります。英語が必要なアルバイトでは、もちろん英語力も伸ばせますが、やはり給与が高く設定されていることも多いです。

そのため、留学のための貯金にはうってつけなのです。

外国人観光客が多く集まるレストランなどの飲食業では、接客を通じて外国人とのコミュニケーションを図ることができます。訪日外国人の増加に伴い、アパレルやファッション業界でも需要があります。マニュアルに沿って接客作業を行うため、英語力が身に付きやすいのがメリットの一つです。

 

家計簿アプリで節約上手に!

家計簿をつけることで、お金の収支が見えるようになるため、結果として節約効果が表れます。毎日の記帳が面倒になって途中で挫折してしまいがちですが、手軽に使える家計簿アプリが節約に関する悩みを解消してくれます。

MoneyForward(マネーフォワード)

家計簿アプリの一つである「MoneyForward」では、「理想の家計データ」という機能が実装しており、家族構成や年齢層、住居エリアをもとに黒字化に成功している家計データを提供しています。

理想の家計データと比較することで、支出の多い費目は何かが分かるようになり、節約ポイントを意識することができます。

Moneybook(マネーブック)

シンプルなデザイン構成を追求した家計簿アプリ「Moneybook」もおすすめです。非常にシンプルなデザインが特徴で、説明書なしで簡単に使うことができます。

使った金額を分析する機能が実装しており、アニメーション化したグラフで表示されるため、楽しく分析しながらストレスなく家計の見直しができるようになります。

利用するのにユーザー登録が不要なのも嬉しい要素の一つです。

留学におすすめのクレジットカードと、賢い使い方とは?

f:id:abeshun:20180807130947j:plain これから留学を予定されている方は、現地の生活でのあらゆる支払いはどのようにお考えですか

現地の銀行で口座を開き、日本から送金して全ての現金引き出しや支払いはその口座から、と考えられている方も多いかと思いますが、

「短期留学で現地で銀行口座を開くのは少し大げさかな」

「長期留学でも、現地で口座を開いて送金できるまでの間が心配だな」

というふうに思われている方も少なくないかと思います。

 

現地での支払いをカンタンにするには、クレジットカードがおすすめです。そもそも海外においてはキャッシュレス主義が強いです。日本では現金ユーザーのほうが圧倒的に多いくらいですが、海外先進国においてはキャッシュレス決済がスタンダードになりつつあります。

この記事では、とくに留学におすすめのクレジットカードを紹介し、また海外での賢い使い方をお伝えしていきます。

 

クレジットカードは、実はそのまま海外でも利用できる

クレジットカードは日本国内でのみしか使えない、と考えられている方もいるようですが、そのまま海外でも利用できるクレジットカードもたくさんあります。

クレジットカードの加盟店ならどのような小さなお店でもカード一枚で買い物ができますし、ATMで現地通貨でのキャッシングも可能です。さらに、現地で日本円を現地通貨に両替するよりも、クレジットカードで支払う方がお得な場合がほとんどです。

また、留学中に通貨の違う国へ旅行されることもあるでしょう。その際にもクレジットカードがあれば、両替の手間や面倒を省くことができますし、ホテルや航空券などの予約にも、クレジットカードの方が便利でお得な場合がほとんどです。

 

「海外旅行傷害保険」が付いているカードがおすすめ

留学前に、いざどのカードにしようかと考えると、その数の多さに圧倒されてしまいます。

カード会社のみでもたくさんありますが、さらに同じ会社でも、ニーズに応じた様々なクレジットカードを提供しています。全て目を通して一番良いものを選べれば良いのかもしれませんが、それには根気も時間も必要ですね。

大切なのは、自分のニーズをしっかりと見極めること。クレジットカードは数多く持てば良いものではありませんが、用途に応じて数枚持っている、という方も多いのではないでしょうか。ポイントを貯める、あるいは国内のみで使う場合を考えた場合と、留学に必要なカードは別のものになるかもしれません。

留学に必要な機能としては、「海外旅行傷害保険」がついているものが良いでしょう。

入会の際に自動的についてくる自動付帯の場合は、出発前に保険の手続きなどが必要ありませんし、そのカードで旅費などを支払いっている、というような前提条件がありませんので、旅行に行くだけで自動的に保険が有効になりますから安心です。

ただし、留学期間が長い時には、その自動付帯の保険の有効期間に注意する必要があります。一般的に3ヶ月の有効期間が多いですが、旅行がその期間を超え、3ヶ月以上一度も帰国しない場合は、サービスが無効となります。

ですので、自動付帯ではなく、カードで旅費などの支払いを行なったことを前提としてついてくる利用付帯の場合の方が良い、ということになります。(ただし、長期留学でも、3ヶ月以内に一度帰国することを繰り返す、という場合は、毎回出国するごとに保険が有効になりますので、自動付帯でも十分でしょう。)

 

留学におすすめのカード一覧

それでは、上記の「海外旅行障害保険」がついているカードの中でもおすすめを紹介していきます。

VISA付きエポスカード

年会費無料。海外旅行障害保険は自動付帯です。紛失、盗難も全額保証され、海外緊急デスクによる24時間日本語サポートがあるので、緊急時にも相談することができます。また、ショッピング一回払いご利用可能額を一時的に増額することができます。

学生専用ライフカード

年会費無料。在学中のみ、旅行傷害保険が自動付帯です。JCB、VISA、MasterCard3種類あり、世界中の加盟店で利用できます。カードの紛失や不正利用の補償、学生特権として5%のキャッシュバックを受け取ることができます。総利用枠は30万円です。

三井住友VISAクラシックカード(学生)

在学中は年会費が無料。事前に旅費などをカードで決算していることを前提に、海外旅行傷害保険がついてきますので、利用付帯となります。カードで購入した商品の補償(年間100万円まで)、カード紛失の際のサポート、また任意で、最高100万円までのライフ&スポーツ賠償付 自転車保険に入ることも可能です。写真入りのカードなので、安全性も高くなっています。総利用枠は30万円でキャッシング利用枠は5万円です。